カトリック小野幌教会のご案内

 

カトリック小野幌教会  〒004ー0004

札幌市厚別区厚別東4条4丁目5番2号

司祭館・聖堂・信徒会館 TEL 011-898-2626  FAX 011-898-3190

                

主任司祭

        フィリップ リッタースハウス 司祭

        Philippe Rittershaus  Priest

                            2015年4月より 

 

 

                    最新更新日 2016年12月24日NEW 

                

    

 

                                                                                         FACEBOOK  

ミサのご案内

2017年1月 ミサの案内

 

1月16日(月)~18日(水)はミサはありません。

 

 

10:00~  1日 主日ミサ (神の母聖マリア)

       4日・6日・7日・11日・13日・14日・20日・21日・25日

                     27日・28日

 

18:30~  5日・9日・12日・19日・24日・26日・31日

 

9:00~    8日  主日ミサ (主の公現)

      15日    主日ミサ (年間第2主日)

      22日  主日ミサ (年間第3主日)主司式司祭 佐藤謙一司祭

                       共同司式司祭 フィリップ司祭                         

      29日  主日ミサ (年間第4主日)

 

   カトリック小野幌教会の沿革と活動

 ()

()

    わたしたち「カトリック小野幌教会」は、1975

   年(昭和50年)11月23日に、この厚別の地に誕生

   しました。そしてこの地域を「福音 宣教」の拠点とす

   るべく、1978年11月に「虹の森カトリック幼稚

   園開園、1980年には「新札幌パウロ病院」及

   び「老人ホーム」が開院、 に1982年2月には

   「聖ベネディクト修道院」が開設されるなど近隣の

   トリック関連の諸施設と合せて、幼児から青少年、

   して老人に至るまで、人生すべてを主キリストへの

   仰のうちに生きることができるよう整 えられてきた

   です。 

 そして教会の共同体の充実のために、信徒の居住域を四つの班に分け、それぞれの班活動・家庭集会などが活発におこなわれてきました。また聖書の勉強会、カトリック教理の学習会、小学生の教会学校や中高生会・青年の活動などをとおして信徒の養成にも力を入れてきました。

 一方教会の外へ向けた宣教活動として、 

 

   フィリピンのケソン市の「マブチン・パストール教区」への奨学資金援助を20年間つづけています。

   また今年から同じフィリピンのミンダナオ島の「キダパワン教区におけるイースター・ヴィレッジ」へも支援をはじめています。

   更に毎年7月におこなわれる「ふれあいバザー」及び「チャリティー・コンサート」をとおして、地域の方々との交流をはかっています。

   一方「東日本大震災への支援活動」として、宮古市に開設された「札幌教区のサポート・センター」へのボランティア活動も活発におこなわれています。

   また奉仕活動として、「報恩学園へのボランティア」、「ホームレス支援のためのみなづき会ボランティア」にも参加しています。

   そして「AAグループ」(アルコール依存症者の回復の集い)への会場提供、平和憲法を守るための「ピース9(ナイン)の会」の活動等、「社会に開かれた教会」をめざしています。

   なお月刊『森の声』という教会報をとおして、主任司祭のメッセージ・教会の行事予定・ニュース・諸活動の情報を発信しています。

                  

 

交通アクセス

JR森林公園駅から、徒歩約15分  

JR新札幌駅 ・ 地下鉄新さっぽろ駅から、徒歩約20分

厚別中学校前 (中央バス 小野幌線)から、徒歩約3分